「ほうろく灸」

昨日、7月21日(火)は夏の土用の一の丑でした。

鰻を召し上がった方もいらっしゃると思います。
さて、この日は日本の伝統行事、暑気払いのほうろく灸が行われる日です。

ほうろく灸は、古くから「土用の丑の日」に行われ、夏病み防止・頭痛加持にご利益があると言われます。

全国各地の寺院では「ほうろく灸祈祷」として盛んに行われていて、今でも伝統行事として続いている所も少なくないようです。

ほうろく灸は、その名の通り「ほうろく」という素焼きの皿を頭上にのせ、そこにもぐさを置いて灸を据え、寺院では加持を行います。

「ほうろく灸祈祷」の様子です。
読経が響き渡る中、白い煙が立ち上がる様子は、夏の風物詩です。


写真は、アフリカを中心に世界で、お灸による結核の治療をしている、イギリスのチャリティー団体
「モクサアフリカ」のイベントで体験させてもらった、ほうろく灸です。

頭頂部には、百会(ひゃくえ)というツボがあり頭痛や頭部の不定愁訴に効果があります。

またこのツボには自律神経を整える働きもあり、私もほうろく灸体験後にはすっきりした感じがしました。

お灸という素晴らしい伝統医療の文化を後世に引き継いでいきたいですね。

スタッフ櫻庭

翁鍼灸院