Author Archive

島バナナ

saneyoshi post on 6月 23rd, 2018
Posted in 日常, 鍼灸院

先日、沖縄からお越しの患者様から小ぶりのバナナを頂きました。

『島バナナ』と言い、

沖縄の温暖な気候の中、日本で唯一温室なしで栽培できる種類だそうです。

緑色のバナナを頂いてから3週間程追熟させ・・・

本日!!

きれいな黄色に変わっていたので、お昼にいただきました。

一般的なバナナより甘さ控えめで少し酸味があり、もっちりとした食感でした。

 

珍しいものを、ごちそうさまでした!!

 

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

梅雨の養生

saneyoshi post on 6月 2nd, 2018
Posted in 鍼灸院

梅雨時は、ジメジメと心も身体もすっきりしない事が多いですが、

実際に体の中に湿気が溜まりやすい時期です。

なんだか身体が重い、眠い、むくみやすくなる、肌荒れや吹き出物などの症状が出ているとしたら、

それは身体に湿気がたまっているサインかもしれません。

東洋医学ではこの身体に溜まった湿気のことを湿(しつ)と呼び、

湿が過剰に停滞して排出されにくい状態になっていることを水滞(すいたい)と言います。

水滞になると傷めやすい臓器が「脾」です。

「脾」は消化器官と深く関連する臓器で、脾が弱ると消化吸収の能力が衰えて

食欲不振や胃痛、消化不良などを起こしやすくなります。

 

<脾に働きを助け、余分な水分を排出するのに役立つ食材>

はと麦・・・解熱、鎮痛、水分排出、美肌

トウモロコシ・・・脾を健康にする、水分排出

山芋・・・胃腸虚弱、消化促進、潤す

冬瓜・・・熱をさます、むくみをとる、利尿効果

カボチャ・・・胃を温めて健康にする。種のまわりの白い部分に熱をとり水分の排出を促す効果。タネ自体も良い。

びわ・・・疲労回復、食欲増進、不眠などに効果

 

身体の重だるい不調を感じた時、お食事のメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、冷たい飲み物や、甘いもの、お酒などの取りすぎに注意しましょう。

 

足のむくみのツボ押し

もご参考にしてください。

 

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

 

伊豆大島へ行ってきました

saneyoshi post on 5月 12th, 2018
Posted in 日常

ゴールデンウィーク中、家族と伊豆大島へ行ってきました。

今回は弾丸旅行だった為、行き帰りとも調布ー大島間の飛行機を利用しました。

片道25分の19人乗りの飛行機は、風に煽られ揺れることもありましたが、

一般的な飛行機よりも高度が低い為、街並みがくっきりと眺められ

ヘリコプターの周遊に近い感覚でした。

伊豆大島に着くと180度景色が変わります。

海・山・緑と大自然が広がり、何もしなくても大地のパワーを感じ癒されました。

今回は三原山温泉の近くのホテルに宿泊した為、夜は満天の星空をみながら露天風呂に入れました。(強風ですが)

身も心もリフレッシュできましたので、また治療院や患者様の為に頑張ります!!

 

 

 

機会があれば東京都の他の離島にも行ってみたいです。

 

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

 

 

こちらも満開です

saneyoshi post on 3月 27th, 2018
Posted in 鍼灸院

いつも治療院に素敵な絵を飾っていただいている石橋様から

今の季節にぴったりな新作が届きました。

満開の桜の下で、2匹の鴨が水浴びを楽しんでいます。

きっと鳥にとっても、

花々が咲き始める春の季節は待ち遠しかったことと思います。

治療院にお越しの際は、そんな春らしい作品を是非ご覧下さい。

 

翁鍼灸治療院

満開です

saneyoshi post on 3月 23rd, 2018
Posted in 日常, 鍼灸院

先日患者様から桜の枝物を戴きました。

東京の桜は、3月17日に開花が宣言されており、

今週末から3月いっぱいにかけ、見頃を迎えるそうです。

治療院の桜は一足先に満開を迎えております。

問診机にございますので、

治療にお越しの際は春の気分を是非味わっていって下さい。

 

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

花粉症対策

saneyoshi post on 2月 27th, 2018
Posted in 鍼灸治療, 鍼灸院

早いもので今年も本格的な花粉症のシーズンがやって参りました。

今回は花粉症のお辛い症状を和らげるツボのご紹介です。

 

鼻詰まりと目のかゆみ

花粉症のツボ

印堂・・・眉と眉の中間に位置するツボを、親指の腹をあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように20回くらいやってみてください。

鼻詰まり

ツボ押しで花粉症予防

迎香(げいこう)・・・小鼻の横にある、鼻孔のすぐ外側にあるツボを中指の腹をあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように20回くらいやってみてください。

目のかゆみと涙

花粉症対策

承泣(しょうきゅう)・・・瞳孔の真下にあるくぼみを、中指の腹をあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように20回くらいやってみてください。

 

花粉症は、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の一つだといわれています。

花粉症というと、とかく「花粉」ばかり注意しがちですが、それと同じくらい体調を整えることが大切です。 規則正しい生活、身体にストレスを与えない、疲労をためない、 バランスのとれた食事を心掛けましょう。

また、鼻づまりをひどくする辛い食べ物、アルコールなどは控えた方が良いです。 たばこ は直接、鼻や眼の粘膜を刺激するので、喫煙される方はこの機会に禁煙されてはいかがでしょうか。

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

 

嬉しいご報告

saneyoshi post on 2月 10th, 2018
Posted in 鍼灸院
当院で不妊の鍼灸治療を受けられ、
その後ご懐妊のお知らせを戴いていた患者様から、
妊娠32週頃「体操をしているがなかなか逆子が治らない」と再び連絡を戴きました。
逆子の特効穴
『至陰』・・・小指の爪の生え際外側のツボ
『三陰交』・・・内くるぶしから指4本上のツボ
にお灸を施し、
2回目の治療後、「無事逆子が治りました!」と
嬉しいご報告を戴けました。
このまま無事のご出産を迎えられますようお祈り申し上げます。

立春のお酒

saneyoshi post on 2月 6th, 2018
Posted in 日常

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の『立春』は2月4日でした。

『立春』は二十四節気の最初の節気で、この日から暦の上では春となり、

さまざまな決まりごとや節目の基準になっています。

旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、立春は春の始まりであり、1年の始まりでもありました。

そんな立春にちなんだ、『立春朝搾り』というお酒を

お酒に詳しいスタッフが見つけてきてくれました。

立春の早朝に酒蔵で搾り、販売店(酒販店)さんと協力してラベル貼りをし、

出荷前に神社宮司により、造る人・届ける人・飲む人の

今年一年の「家内安全」「無病息災」「商売繁盛」を祈祷いただくことから、

『縁起酒』とも呼ばれるそうです。

毎年、超フレッシュな新酒を立春の日に販売しているそうです。

ご興味のある方は是非酒屋さんへ足を運んでみて下さい。

・・・もしかしたら今年の新酒も残っているかもしれません。

 

スタッフ實吉

翁鍼灸治療院

春のお花

saneyoshi post on 1月 20th, 2018
Posted in 鍼灸院

患者様から可愛らしいお花を頂きました。

まだまだ寒い日が続いておりますが、

お花を見ると一足先に春の気分になれました。

 

どうもありがとうございます。

 

翁鍼灸治療院

風邪の季節を乗り切りましょう

saneyoshi post on 1月 19th, 2018
Posted in 日常, 鍼灸治療

最近風邪やインフルエンザが流行しておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

身体が冷え、なかなか温まらないこの季節。

体調を崩して、 風邪がなかなか治らない…そんなことがないように今回は

風邪の予防にもなり、初期症状に効くツボのご紹介です。

下記のツボを、ヘアドライヤーで火傷しない程度温めて頂くか、

使い捨てカイロを服の上から貼付して温めてみて下さい。

 《風邪によるさむけがある場合》
『大椎』…首を前に曲げたときに、背骨でぼこっと出てくる骨があります。 その骨の真下に大椎というツボがあります。
『風門』…大椎のツボから指2~3本分下に、さらに指2本分外側に風門というツボがあります。
《風邪によるせきと痰がからむ場合》
『天突』…首の付け根、左右の鎖骨に挟まれたくぼみに天突というツボがあります。
1月20日は大寒です。
一年で最も寒い時期ですが、昔から大寒の日に産まれた卵は滋養に優れ、
食べると一年を健康に過ごせると言われているそうです。
変化の多い季節『春』に向けて、今のうちから少しづつ体調を整えられてはいかがでしょうか。
スタッフ實吉