顔面痙攣と鍼灸治療

当院の鍼灸治療について
東京都世田谷区の治療院 当院は顔面痙攣、三叉神経痛、顔面麻痺など神経疾患に対して最も得意とする分野の一つに挙げられ、鍼灸治療に力を入れております。20年以上の鍼灸治療の経験と実績があります。初診から院長が担当しています。常にベストな鍼灸治療をご提供いたします。お一人一人の症状と体質に合わせた鍼治療を行い、安心・安全な鍼治療を受けて頂けます。鍼灸で患者様の自然治癒力を引き出すことで顔面痙攣をより早く回復し、症状改善の効果をあげていることがありますので、お気軽にご相談ください。施術にあたる鍼灸師は全員、日本の国家資格である鍼灸師の免許を取得しています。東京都世田谷区保健所に登録し、保健所の監査を受けており、皆様に安心して治療を受けていただけます。スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

鍼灸治療の特徴と効果
顔面痙攣の針灸治療 鍼灸には神経の鎮静作用があります。異常興奮している神経を鎮静します。多くの方で緊張すると顔面痙攣が強くなるため、鍼灸治療で自律神経系(交感神経、副交感神経)のバランスを調整することがもう一つ目的です。鍼灸治療することによって、副交感神経の機能を高め、筋肉の緊張を和らげ、痙攣の症状症状を改善していきます。顔面痙攣が軽い方では、治癒されることもあります。顔面痙攣を誘発している疲労やストレスの解消し、睡眠不足などの症状も軽減させていきます。

顔面痙攣の鍼灸治療例


顔面痙攣と鍼灸 ①のケースで場合は比較的早く、しかも確実に効果を出すことができ、治癒率は非常に高いです。しかし、②のケースの場合は時間の経過の度合いにもよりますが治癒が難しい場合も多いです。鍼灸治療では顔面神経とそれを圧迫している血管を引き離すことは物理的にはできず、、神経の過敏・興奮を抑えることによって痙攣の症状自体の改善を目指します。ただ、発症から時間が経つほど効果が現れにくく、実際、年数を経て鍼灸治療にいらっしゃる方が多いのですが、ある程度の改善が見られるけれど完全に治癒しない方もいらっしゃいます。

顔面痙攣の鍼灸治療臨床例
O.Aさん ケース① 31才 女性 初診'04年4月
ひと月ほど前から左の目の下が痙攣し眼科で目薬を処方される。疲れ眼と寝不足が原因と言われ、休養し睡眠をとったが症状の改善はみられず、逆に痙攣する時間が長くなり頻度も増えるようになった。1回目の治療後に痙攣が出なくなり、その後念のためもう一度治療を受けに来たが、一回目以降症状は出ていない。

E.Kさん  ケース② 41才 女性 初診'05年8月 
二年くらい前から右目の下に軽い痙攣が起こるようになったが、初診時には右の顔面全体にわたって痙攣が起こるようになっていた。受診した神経内科で内服薬を処方されるがあまり芳しくなく、ボトックス注射を受けるも効果は一時的でまた戻ってしまっていた。初診時、顔面右側の頬が高い頻度で痙攣し、筋肉が引きつっているのが見られた。大体週一回のペースで通院し、徐々に痙攣の強さ、回数が減少するが完治までは行かない。

N.Eさん ケース② 49才 女性 初診'06年2月
2~3年前から左目の下がピクピクし始め、今では左目がぱっちり開かない。鍼灸治療も試してみたがあまり効かない。所見では左の頬が常時痙攣していて頬の筋肉が引きつって固まっている印象を受ける。鍼自体が怖いということで非常に弱い刺激量の治療をする。5~6回の治療を続け、一時中断してひと月ほどして後、また来院した時は、外見上は痙攣の回数が減少しており、また初診時ほど頬の筋肉の引きつりはなく、印象は良くなっていた。本人としてはさらなる効果を希望していたが、完治には至っていない。

A.Mさん ケース① 52才 女性 初診'06年3月
以前から頭痛持ちで首肩もよく凝っている。ふた月ほど前から左側のこめかみと頬の下あたりが痛くなり、左目の下がピクピクして止まらなくなった。頭部・首・肩を中心に、顔面部も併せて治療いていき、頭痛や首肩の凝りは初回の治療で大きく改善された。痙攣は初回ではあまり変化が見られなかったものの、4回の鍼灸治療で完治した。

K.Kさん ケース② 58才 女性 初診'06年3月
3年前から顔の右側が引きつり始め、ピクピク痙攣するため疲れて物も見えづらい。所見でも高い頻度で痙攣が見られる。週に2回の治療を始め、痙攣の強さ、回数、持続時間はすぐに減少し、ひと月ほど経つと、日常的に起きていた症状が日によっては全く出なくなった。疲労が重なった時や体調が良くない時には出やすくなるが、そうでない時にはほとんど気にならない程度まで改善されている。

顔面痙攣とはなにか

顔面痙攣とは
自分の意思とは無関係に顔がピクピクと動いてしまう症状です。ほとんど片側の顔に症状が現れます。初期は片眼のまぶた周辺が時々軽く痙攣する程度です。進行すると痙攣が頻繁に現れ、睡眠中にまで及ぶこともしばしば見られます。痙攣が同じ側の顔全体に広がると、片眼が開けられないや顔が引きつってゆがむといった症状がでることがあります。精神的に緊張した時に出現しやすくなります。顔面痙攣は直接命に関わる疾患ではありませんが、目元口元の痙攣はとても不快であり、人と対面することがストレスになったり、引きつりが定着してしまうと視界が狭くなって不便や危険な面も出ますし、また顔面痙攣は美容上の問題にもなりますので本人にとっては辛い症状です。

顔面痙攣の主な原因
典型的な片側顔面痙攣の原因は顔面の運動を司る「顔面神経」の付け根に血管が圧迫することによって起こるといわれています。血管の圧迫により顔面神経に異常な神経回路ができ、顔面けいれんの原因になると考えられています。またストレスや疲労など精神的なものも原因となることがあると言われています。MRI検査での確認となりますが、このケースは自然にはなかなか治りにくく、進行すると顔面筋肉の過緊張により片側の表情を変えてしまうこともあります。

顔面痙攣の西洋医学的治療
内服薬で改善が見られない場合、筋肉を麻痺させる作用を持つボツリヌス菌の毒素を微量注射して(ボトックス注射)筋肉の痙攣を抑えます。持続期間は3~4ヶ月で、症状が再度出た場合は注射を継続する必要がありますが、回を重ねるごとに効果が弱くなります。依然治まらないと、顔面神経に接触している血管の位置をずらす開頭手術(微小血管減圧術)が行われます。成功率は5~7割だと言われていますが、物理的に神経と血管を離して直接的な原因を取り除いても、神経自体の過敏性が残ってしまって痙攣が治まらない場合もまれにあるようです。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸