おうしんきゅうは鍼灸院
翁鍼灸治療院webパソコン用 おうしんきゅうちりょういん  翁鍼灸院スマートフォン用 おうしんきゅう

ようこそ!翁鍼灸治療院へ

安心・安全な鍼灸院

翁鍼灸治療院

20年間鍼灸一筋に歩んでまいりました。その実績で皆様に信頼されてきました。院長は日中両国の鍼灸知識を持ち、両方の鍼灸の優れた技術を取り入れ、長く豊富な臨床経験に基づいて、施術を行っています。安心、安全で、衛生的な治療を提供できるように、スタッフ一同心がけています。スタッフは全員、国家資格である鍼灸師の免許を取得しています。東京都世田谷区保健所に登録し、保健所の監査を受けておます。今後も皆様に愛され続ける鍼灸院を目指しています。

    当鍼灸院人気の理由

  1. 開業以来鍼灸治療事故はゼロです。安全衛生面には常に細心の注意を払っております。
  2. 当院は日中両国の鍼灸施術ができる数少ない鍼灸院です。
  3. 豊富な鍼灸の臨床経験を持ち、様々な症状に応対できます。
  4. 完全予約制で待たずに地域のかただけでなく、遠方からの方々も通っています。
  5. 小田急経堂駅の目の前で、通院に便利です。広い院内で、治療時間を快適にお過ごしいただけます。
  6. スタッフ一同、明るくアットホームなご対応を心がけております。

院長ご挨拶

院長のご挨拶

当鍼灸院のホームページをご覧頂き有難う御座います。翁鍼灸治療院の院長の翁孟進(おうもうしん)と申します。東京の世田谷区経堂に開業し、街角の鍼灸治療院として第一歩を踏み出しましたが、現在は地域の方だけでなく、遠方からの患者さんも大勢みえるようになりました。当院では歴史ある中国鍼灸と日本鍼灸を融合させ、日本で行われている治療法をくまなく勉強、自分で体験し、治療に効果的だと思われる良いものがあれば、取り入れてきました。一日も早く病気や悩みから解放されて充実した日々を送っていただくために常に最善のものを提供しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

こんな悩みにも鍼灸

当院は以下のような悩みにも鍼灸治療を行っています。健康維持、増進という面でも施術を行っています。鍼灸はすべてのかたに効果が表れるものではありません。症状によって不適応症もあります。鍼灸のことならなんでも、お気軽にご相談ください。

鍼灸の適応症について

鍼灸の適応症

ご予約・ご質問

当院は完全予約制となっております。事前にお電話かまたはメールフォームにてご予約の上、ご来院いただけますようお願いいたします。急ぎの方はお電話にてご予約ください。ご予約をお取りした時間に間に合うよう少し余裕を持ってお越しください。
TEL:  03-5450-4189
予約・相談:メールフォーム

多くのメディアに取り上げられた

これまで多くのマスコミに紹介されてきました。鍼灸のお話やツボ押し法、東洋医学などを一般の方にもわかりやすく説明しています。自分で簡単できる対策法も紹介されました。

いままでマスコミの取材歴

正しい鍼ツボの見つけ方

清潔で広いスペースの院内

当院の受付、施術室、室内など写真で詳しくご紹介しています。院内の快適さや居心地の良さを心掛け、ご来院のる方々に快適にお過ごしいただけるよう努めています。お年寄りやお身体の不自由な方にも安心してご来院いただけます。小さなムーブメントを、地域活性化という大きなスケールへと発展させることができることを切に願って努力を惜しむことなく前進していきます。

鍼灸院の院内の写真

院内の受付・待合室

当院で使っている鍼

当院で使っている鍼は9割が日本製の使い捨てのディスポーサブル鍼で細いタイプの鍼です。日本で最も有名な鍼メーカーセイリン社のディスポーサブル鍼です。あと1割のかたが特別注文の個人専用鍼です。鍼以外の用具はすべてオートクレーブ(高圧滅菌器)による滅菌を行っています。保健所の滅菌法・消毒法の基準に従っております。感染の心配は全くありません。ご安心ください。

鍼の衛生管理の設備

当院で使っているお灸

婦人科更年期障害
  • 知熱灸 
    当院の鍼灸師スタッフ達の手で作ったお灸です。モグサを円錐形に固めたお灸です。最初はポカポカと温かく感じますが、燃えきる頃に少しずつ熱くなります。使用するお灸の数により、熱を浅く入れたり、深く入れたりと調整ができるお灸です。
  • 温灸(漢方灸)
    棒状に固めたお灸で、棒灸とも呼ばれています。直接肌にモグサを置かないので温かさが長く続きます。当院では最も使われているお灸です。ジンワリと熱が入った時点で最後に熱くなりますが、「熱い」と感じた時点でお灸を離します。
  • 直接灸 
    モグサを米粒の半分位からゴマ粒の大きさに、指先でひねった小さなお灸です。一瞬だけ「チクリ」と熱く感じるのが特徴です。燃えきる直前に手で抑えて熱さを軽減させたり、時には最後まで燃えきらせたりと使い分けます。この直接灸は内臓不調や慢性的な痛みに使われています。
  • ページの先頭へ