おうしんきゅうは鍼灸院

外転神経麻痺

外転神経麻痺とは

目を外側に動かす筋肉のことを外直筋と言い、その筋肉を動かす神経を外転神経と言います。外転神経が何らかの原因で麻痺し、動かなくなる状態を外転神経麻痺と言います。眼球は外転ができなくなり、正常よりも内側向くようになります。すると両眼の視線が見たい物の場所で交わらなくなり、物が二つに見えることが現れます。自覚症状は複視ですが、軽症でも正面視で水平性に複視を生じますが,麻痺側を見ると複視はより明瞭になります。

主な原因

原因は様々なものがあります。 神経が脳幹にある橋(きょう)から眼球に伸びているため脳の障害によるものが多いです。橋にある外転神経核のすぐ近くには顔面神経核もあります。そのため原因によっては顔面神経麻痺症状も起こることがあります。

鍼灸について

外転神経麻痺、滑車神経麻痺の施術

当院には大勢の末梢神経麻痺と目のトラブルの方々がお越しいただいております。外転神経麻痺に対して東洋医学の理論に基づいて現代の鍼灸術を行っています。神経麻痺は自然に治ることもありますが、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。早期治療が大切な病気ですので、専門病院の医師の治療と併用して頂くことにより、相乗効果も認められます。鍼灸治療を選択肢の一つとして提示される専門病院の医師もいらっしゃいます。鍼灸のことなら何でも気軽にご相談ください。

当院複視の鍼灸施術症例

症例一、60代女性
突然物が二重に見え、ふらついて杖がないと歩けない状態となる。眼科および大学病院を受診。右側の外転神経麻痺の診断を受けた。原因不明ということでビタミン剤と免疫療法では改善せず、鍼灸を受けるため来院。当院の初診時、最もつらかったのは、目の焦点が合わず歩けないこと。ひどいふらつきもある。他にも疲れやすい、気分が落ち込むなどの訴えがあった。
施術経過:初診の際は、体全体のバランスを整える鍼灸施術をしながら、目の疲れと血流をよくするため目の周辺のツボも使って中心に施術を行う。最初週2回のペースで通って頂く。8回目の来院時に、ふらつきがなくなったため、鍼の上にパルス(微電流)を加えた。10回目から複視の症状が改善し見られ、外側の視界も広がり始めた。そのあと週一回の治療ペースに変更。15回目で、物もすっきり見えてきた。複視に改善がみられたため、パルスを中止。その後数回で複視の症状が無くなり、鍼灸施術終了。

症例二、50歳男性
深夜に目に違和感を感じる。翌日の午後、急に両眼で見ると2メートル先の物が二重に見えるようになった。歩くのも車の運転もピントが合わないため危険を感じて、すぐ眼科に行き検査をしたところ、目が外側を向かず、外転神経麻痺と診断を受ける。また、フィッシャー症候群の疑いもあると言われた。他に眼科的な疾患なし。ステロイドとビタミンB12(メチコバール)を処方服用したが、改善傾向になかったので、発症して2週間後に当院に来院。今まで、肩こりを感じたことはなかったが、首から頭にかけてのこり及び右のこめかみに痛みある。
施術経過:10年ほど前に右腰のだるさで、数回鍼灸治療の経験があったが、全身鍼灸治療は初めてとのこと。まず肩こりと頭痛に対し鍼施術し、それから複視によいツボを使って施術を行う。鍼灸施術後右目の目のツボを周りのマッサージも行う。一回目の施術で肩こりと頭痛が緩和され、体も軽くなったそう。週1回のペースで通って頂く。5回目の施術より変化が現れ、遠くを見るときに物が二重に見えることも少なくなり、視野も少し広がった。9回目になると複視の症状がほぼなくなり、10回目で完治し、治療終了。

ページの先頭へ