外転神経麻痺

外転神経麻痺とは

目を外側に動かす筋肉のことを外直筋と言い、その筋肉を動かす神経を外転神経と言います。外転神経が何らかの原因で麻痺し、動かなくなる状態を外転神経麻痺と言います。眼球は外転ができなくなり、正常よりも内側向くようになります。すると両眼の視線が見たい物の場所で交わらなくなり、物が二つに見えることが現れます。自覚症状は複視ですが、軽症でも正面視で水平性に複視を生じますが,麻痺側を見ると複視はより明瞭になります。

主な原因

原因は様々なものがあります。 神経が脳幹にある橋(きょう)から眼球に伸びているため脳の障害によるものが多いです。橋にある外転神経核のすぐ近くには顔面神経核もあります。そのため原因によっては顔面神経麻痺症状も起こることがあります。

鍼灸治療について

動眼神経麻痺、外転神経麻痺、滑車神経麻痺の施術
当院には大勢の神経麻痺の方々がお越しいただいております。外転神経麻痺の鍼灸施術を行っています。神経麻痺は自然に治ることもありますが、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。早期治療が大切な病気ですので、専門病院の医師の治療と併用して頂くことにより、相乗効果も認められます。鍼灸治療を選択肢の一つとして提示される専門病院の医師もいらっしゃいます。

ページの先頭へ