歴史人物

古代歴史人物について


皇甫謐 こうほひつ (215~282年)は鍼灸理論のまとまり
『針灸甲乙経』という医学書を書いた人物です。




王惟一 おういいつ(987~ 1067年)は古代中国針灸の教育の模型
として使われてた『鍼灸銅人 』の彫刻した人物です

以上の図は『針灸歴史』上海科学技術出版社より

ページの先頭へ