肋間神経痛

肋間神経痛とはなにか

肋間神経痛と鍼灸
肋間神経痛とは簡単に言えば神経の圧迫による神経痛です。症状としては肋間神経が通っている脊髄から肋骨にかけて痛みが走ります。普段の生活で体をねじったり、深呼吸や咳をした際の肋骨の動きによって誘発され神経に痛みが走ります。脊髄の胸随から出て肋骨に沿って走り、胸部や腹部に分布している末梢神経が肋間神経です。肋骨と肋骨の間や、おなかにある腹直筋のあたりに圧痛点が存在し、肋間神経の支配領域に痛みが現れます。からだをひねったり、痛みのないほうにからだを曲げて肋間神経を伸ばすような姿勢をとると、刺すような痛みが生じます。咳やくしゃみ、深呼吸などをしたときも、痛みが誘発されたり、強まったりします。また、脊椎をたたくと、痛みが肋骨のあたりに響きます。間神経痛の症状は、肋骨に沿って刺すようなチクッとした痛みが発生します。痛みの強さは程度にもよりますが、神経痛特有の刺すような痛みが肋間神経痛の症状の特徴といえます。肋間神経痛の症状は、呼吸をしたり上半身を動かすなど、胸部に刺激が加わるような動作をしたときに発生するのが特徴です。中でも、重いものを持ち上げるときに力をこめたり、くしゃみなどで胸部に急激に負荷が加わるときに強い痛みが出やすいです。肋骨に何らかの異常があるとき、くしゃみというのはかなり厄介で、ちょっとしたくしゃみするのでもじとっとした汗をかくくらい痛みが出ることがあります。

肋間神経痛の原因

神経の圧迫によるもの
長い間不自然な姿勢をとっていたことにより、神経が骨や筋肉の間にはさまれ、痛みが発生します。痛みは突然襲いますが、この肋間神経痛の原因の場合は一時的なものも多いようです。神経痛の原因で中年女性に多い傾向があるのが、肋骨の骨折やひびによるものです。
骨粗しょう症
女性は、せきやくしゃみなどでも骨折してします場合があるようで、この場合は姿勢を変えたりしたときに痛みが増し、深呼吸や物を持ち上げた時などに激痛が走るといった特徴があります。
帯状疱疹
最近よくみられる肋間神経痛には、水痘ウィルスの再活性化によって発症する帯状疱疹があります。通常、まず肋間神経の走行に沿って神経痛を自覚しますが、その二~三日後に、同じ部位に浮腫状の赤い発疹ができ、さらにこの上に多数の小さな水泡が出現してきます。痛みには個人差があり、一般的には高齢者ほど痛みが強い傾向があり、症状が現れるのは片側のみという特徴があります。
そのほか
肋間神経痛の原因は胸椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症などや、ガンの転移、胸膜炎、カリエスといった病気によるものもあります。  肋間神経痛は不自然な姿勢を長く取っていたり、外部から力が加わるなどで神経が筋肉や骨に挟まれて発生するのが普通です。

当院の肋間神経痛と鍼灸施術

肋間神経痛の鍼灸

神経痛

当院では神経痛に対して積極的に鍼灸治療を行っております。痛みを感じる部位と、肋間神経に関係にあるツボを使って、鍼と温灸による施術を行います。鍼の鎮痛作用を生かして、痛みの緩和とその解消ができます。病院の麻酔科やペインクリニックなどの局部へブロック注射や星状神経節ブロック治療を受けても、リリカなど痛み止めを服用しても関わらず痛みがなくならない方はぜひ受けてみてください。

以下の症状でお悩みの方はご相談ください

  • 咳やくしゃみをすると胸や脇が痛い。
  • 何の前触れもなく、突き刺すように胸が痛む。
  • 動くたびに胸のあたりが痛い。歩くのもつらい。
  • 伸びをしたり体をねじったりすると胸や脇腹が痛い。
  • 洋服が擦ると痛い、重いものを持つと胸の痛みが増す。
  • 東洋医学の考え

    神経痛は東洋医学の考えでは肝気鬱血(かんきうっけつ)、お血、の原因です。鍼灸でこれら原因を取り除けば症状をを改善させ、痛みを緩和させることが可能となります。

    鍼灸の臨床症例

    70歳 女性 鮮魚店を営んでおり、普段から立ち仕事が多く全身に疲労感を感じていた矢先、足元の荷物を持ち上げようと体をねじ曲げた時に、左脇腹に電気が走るような激痛を覚えた。その後2日間息をするのも辛く、動けない状態が続いた。3日目整形外科を受診、肋間神経痛と診断され湿布と痛み止め(リリカ)を処方され一週間様子を見たが日常生活もままならない。知り合いから当院を紹介されタクシーを使い来院。痛みが強い為、2、3日に一度の鍼灸治療を5回続けたところ、痛み止めを飲まなくても生活できる程度に回復。その後週に一度のペースで6回治療を施し痛みが出なくなった為、鍼灸施術中止。良く眠れるようになり慢性的な疲労感も8割方解消された。

    肋間神経痛の担当鍼灸師 

    ページの先頭へ