ぎっくり腰

ぎっくり腰と鍼灸治療について

鍼灸の臨床例の中でも、ぎっくり腰に対しての治療にはよい結果が多く見られます。鍼の独特な鎮痛作用を利用して施術いたします。ぎっくり腰は早ければ1回で、長くても3~4回でほとんど痛みが取れます。慢性腰痛や繰り返すぎっくり腰にならないように根治するのは大事です。ぎっくり腰に対する疼痛域を支配する神経根部、そして痛みの部位やツボの反応点、また痛みと関連する経絡などを中心に施術が行われます。
ぎっくり腰・ギックリ腰のことならご相談ください

ぎっくり腰の鍼灸治療の症例

50代 女性
庭で植木鉢を持ち上げた際、ギックリ腰を発症。 腰を真っ直ぐにできないような状態で来院し、腰に鍼治療を実施した。1回の治療で痛みが7~8割改善し、帰りには腰を真っ直ぐにして歩行できる状態にまで回復した。 その2日後に再度治療を実施し、ほぼ通常通りの生活が送れるようになるまで回復。念のため1週間後に治療を実施、通常通りの生活に戻ることができた。

ぎっくり腰とはなにか

ギックリ腰

ぎっくり腰いわば急激に起こる腰痛の総称で、別名「急性腰痛症」と言います。ドイツでは、「魔女の一撃」とも言われるほど、つらくて痛いです。 「顔を洗おうと中腰になったらギクッときた」「重いものを持った瞬間に痛みが走った」などよく耳にします。また、中は咳をしただけでひどいぎっくり腰になった方もいらっしゃいます。日常生活の何げない動作で痛みが出てしまう人が多いようです。急性腰痛症とも言います。脊柱や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨が損傷している状態のことを言います。原因は椎間関節のねんざをはじめ、さまざまですが、ぎっくり腰は椅子に座りっぱなしの環境の人が多くかかるというデータがあります。 座りっぱなしの姿勢を続けると、体重が腰にかかってしまい、血液の循環が悪くなるので、腰に負担がかかりやすいのです。一般的にぎっくり腰は椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にはなりません。

ぎっくり腰の原因
重い物を持ち上げる、腰を捻る等の動作により生じることも多いのですが、運動不足で筋力が弱ってきたり、重労働で筋肉が疲労していたり、デスクワーク等で、長時間いすに座りっ放しなどの悪い姿勢を続けることなどが原因で発症することもよくあります。このように、筋肉等の疲労が重なることで生じる場合もよく見られます。また、朝起きるとまったく動けないというような発症のしかたもあります。

主な以下です

①腰の酷使による筋肉疲労

肉は、疲労によって硬くなり、そして硬化することで柔軟性を失い血流が悪化します。スポーツや重労働などで激しい運動を繰り返すことによって筋肉に疲労が蓄積し、ある時に限界を迎え腰痛を引き起こすのです。

②腰への急激な過負荷
事故などで腰に衝撃が加わったり、急激に体勢を切り替えた際の過負荷が原因となることもあります。例えば、くしゃみもその一例です。くしゃみをした際に腹筋に力が入ることでその腹圧が腰に衝撃を与え、そしてそのまま勢いに任せて急な前かがみの姿勢になる、という一連の動作が腰に大きなストレスを与えるのです。ちなみに、腰への過負荷によってぎっくり腰を発症する可能性のある疾患としては、代表的なものでは以下の3つが挙げられます。

③悪い姿勢をする癖
姿勢と腰痛には、強い因果関係があります。腰に負担をかけるような姿勢を長時間続けたり、普段から悪い姿勢をする癖があれば、やはりぎっくり腰を引き起こしてしまう可能性は高くなります。具体的にどのような姿勢が腰に負担をかけるのかというと、例えば次のような姿勢です。

ぎっくり腰の主な症状
① 仙腸関節の損傷
骨盤の関節がロッキング(動きが制限される)と同時に背筋や腰方形筋などの筋肉や筋膜が損傷されます。
② 腰椎の損傷
多くは腰椎の4番、5番が捻じれると同時に背筋や腰方形筋などの筋肉や筋膜が損傷されます。痛みは腰部から臀部にかけて痛むことが多く、腰を伸ばすことができず、寝返りなどの 動作時痛が主な症状です。
③背筋や筋膜の損傷
傷害された背筋やその筋膜が一番痛むことになりますが、腰椎や仙腸関節にまったく問題がないのに 筋・筋膜を損傷した例をほとんど知りませんから、①と②が合併しているものです

家庭のできること
ぎっくり腰になった場合、痛む所を氷嚢などで冷やし、安静にすることが大切です。そして、すぐに治療することが、ぎっくり腰の早期の回復につながります。
①氷水で冷やす。
ぎっくり腰は捻挫や肉離れのようなものと考えていただければ、 おのずと冷やすことが大切なのはわかっていただけると思います。ぎっくり腰は炎症ですから熱を発生していますので、冷やすとある程度の炎症を抑えられます。氷のうなどで患部に10分~15分くらいあてます。できるだけ痛みの少ない姿勢で 氷のうをあててください。これを2~3時間置きに一日3回程度でいいです。
②楽な姿勢を
ストレッチや揉んだりは絶対にいけません。ぎっくり腰の時に無理な腰痛体操やストレッチをすると反って症状がひどくなります。できれば横向けになって安静してください。テーピングができる人がまわりにいるならその人にお願いしてもいいでしょう。

腰痛と鍼灸治療


パーゴルフに東西名医紹介された
痛みと鍼灸1

腰の痛み

急性腰痛の鍼灸


ページの先頭へ