脊柱管狭窄症と鍼灸

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症の正常と狭窄
背骨は椎骨が縦に連なったものであり、その空洞部分に脊髄が収まる脊柱管を形成します。この脊柱間が何らかの原因によって狭められ、中を通る脊髄や馬尾神経、また脊髄から枝分かれする脊髄神経や神経根が圧迫される病態を脊柱管狭窄症といいます。狭窄が頚部と腰部に渡って起こる広範脊柱管狭窄症もありますが、ここでは症例の多い腰部脊柱管狭窄症について述べてみます。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症は狭窄の部位により中心型と外側型・混合型がありますが、特徴的な症状は間欠性跛行(数分間歩行すると症状の悪化により歩行不可能となり、しゃがんで休憩すると再度歩行可能となる)です。他の症状は、中心型では両脚の痛みやしびれ、足裏や会陰部の異常知覚、場合によって排尿、排便障害が起こり、外側型では左右どちらかの腰痛、臀部・脚への放散痛やしびれ・脱力感が起こります。

脊柱管狭窄症の主な原因

発症年齢が中高年に多いことからもわかるように、脊柱管の生理的な変化によるといわれています。加齢と共に様々な変性が起きるからです。特に腰の骨が変形したり、筋力が衰えて姿勢のバランスが悪くなったり、椎間関節の変形、骨棘の形成、黄色靭帯の肥厚などが神経を圧迫して症状を引き起こすと考えられています。そういったことが原因で脊柱管が狭くなるのです。

脊柱管狭窄症の鍼灸治療法

脊柱管狭窄症の鍼灸施術
当鍼灸院は脊柱管狭窄症の鍼灸治療を行っています。鍼の特有の鎮痛作用を生かして、脊柱管狭窄症による痛み付近のツボと痛みと関連する経絡などを中心に施術が行われます。外科的手術を避けたい方や、適当な治療法がない方は鍼灸を試してみる価値があると思います。

鍼灸の症例
最近散歩で10分も歩くと、脚にシビレが出るようになってしまいました。病院でMRIの検査をしたところ、診断は『脊柱管狭窄症による間欠性跛行』。脊柱管が狭くなって坐骨神経を圧迫していると言われてしまいました。手術を勧められましたが、手術には抵抗があり、友人の紹介でここの鍼灸を受けました。最初二回はあまり変化が見られませんでしたが、5回ほど鍼をしてもらったら痛みが和らぎ、歩ける時間も長くなりました。10回鍼灸治療したら普通の歩き方で30分以上も平気になりました。手術しなくて済むことがよかったです。

ページの先頭へ