腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアの原因

腰痛の鍼灸治療
なぜ椎間板ヘルニアが起きるかについて簡単に説明します。人間の脊椎(せぼね)の上下椎体の間にある軟骨は、クッションの役割をしているもので椎間板と言います。椎間板ヘルニア前側の前縦靭帯は厚くて腹部内臓器を保護しています。ところが、椎間板の中心より後方にあり、しかも後縦靭帯よりも薄く、その上線維輪も前方より後方が弱くなっています。そのため、髄核は後方に脱出したり突出しやすくて、椎間板ヘルニアになるわけです。なにらかの原因で椎間板が神経根を圧迫するようになると下肢症状等を引き起こしてきます。発病の原因ははっきりとはわかっていませんが、危険因子としては重いものを持ち上げる、押す、引っ張る、体をひねる、長時間の座り仕事や車の運転、喫煙などがあげられます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状
腰椎椎間板ヘルニアの症状は様々なものがありますが、典型的な症状は腰痛とお尻の痛み、坐骨神経痛に代表される下肢症状(足の痛み、しびれ、感覚障害、筋力低下)を合併します。個人差と症状の強さによりますが、例として椎以下のように自覚症状がでることあります。

腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状

  • 30分以上歩くと腰痛と下肢放散痛(下半身にビリビリとした痛みがあります。
  • 電車などで立っているとすぐ辛くなります。
  • 夕方になると、腰や下肢が辛くて横になりたくなります。
  • 椅子にこしかけて15分くらいで体を動かさないと辛いです。
  • 夜間に腰痛のため目がさめます。
  • 下腿の外側や足背、足指に知覚障害があります。

腰椎椎間板ヘルニアの診断と自然経過
診断には症状の経過、神経学的所見、画像診断が重要です。近年MRIなどの普及で、必ずしもすべてのヘルニアが発症するわけではなく無症状の患者様も多いことがわかってきました。ですから、たとえMRIで椎間板ヘルニアがみられても悩んでいる症状が椎間板よるものなのか、他の良性のかを症状の経過と神経学的所見から区別しなければなりません。特に膀胱障害や排便障害など症状がみられるとき病院で精密検査が必要だと思います。自然経過は大部分は良好です。3ヶ月で60%が自然に改善したとしたとの報告があります。このことからヘルニアの大部分は手術しなくても改善が期待できます。多くの患者が一般に良性で自然治癒しますが、再発も50%にみられます。
これらのことから、3ヶ月過ぎても改善がみられない、椎間板ヘルニアの症状が再発を繰り返す、または増悪する場合は注意が必要ですので、鍼灸治療についてお気軽にご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸

当院は椎間板ヘルニアに対して鍼灸施術を行っています。症状が軽いヘルニアの方から手術が必要となる方まで、様々な症状の方々を治療しております。鍼灸の鎮痛作用を利用し、痛みが和らげられることによりヘルニアの症状を改善することができます。腰椎椎間板付近や足の坐骨神経の走行に沿ったツボを使って施術いたします。
腰椎椎間板ヘルニアの症例

腰椎椎間板ヘルニア症例
男性:ギックリ腰をこじらせて 臀部、下肢の痛みと痺れがかなり激しくなって病院でMRIを撮影、第4と第5の間の椎間板が突出してる重度のヘルニアと診断されて、手術が必要が言われました。近所の整形外科で保存療法、低周波電気、赤外温熱、を2ヶ月間実施、痛みが少し和らげしましたが、痺れがが変わらないです。知人の紹介で鍼灸治療に来ました、最初の二週間は週に2回、以降は1回、2ヶ月間程経過して、痛みがほとんど感じなくなって痺れも半分以下になりました。日常生活にほぼ支障が無い程が出来ました。

ページの先頭へ