自律神経を整える

赤木誠 post on 3月 10th, 2018
Posted in 鍼灸院

最近は寒暖の差が激しく、季節の変わり目であり、自律神経が乱れがちです。

自律神経が乱れると、頭痛、不眠、疲労感などの症状が出てきます。
今回は自律神経を整えるツボと呼吸法をご紹介します。
百会
両耳の先端を結んだ線と顔の中心線と交差するところ
頭の中心に向けて押してください

内関
手のひら側の手首のシワから肘に向かって指幅3本のところ
労宮
手のひらの中央の少し上にあるくぼみ
反対の指で気持ちいい程度の強さで押してください

太衝
足の親指と人差し指の甲の間を足首に向かい、ぶつかる骨の少し前の窪み
足の甲に対して垂直に押してください
それぞれ心を落ち着かせたり、ストレスに効くツボです。
自律神経は血管、呼吸、ホルモン、体温などと関わりがあります。
この中で唯一、呼吸で自律神経を整えることができます。
普段より大きく鼻から息を吸い、口から息を吐きます。
特に息を吐くとき、口をすぼめ、お腹をへこますと効果的です。
これを10回程繰り返します。
どれも短時間でできるので、時間を見つけてやってみてください。
スタッフ