Monthly Archives:7月 2014

夏バテに注意

ouhari post on 7月 30th, 2014
Posted in 鍼灸治療, 鍼灸院

梅雨が明け、夏本番の季節になりましたが、夏バテになる方も多いことでしょう。

夏バテは、「身体がだるい」「疲れやすい」「集中力がない」「頭痛」「不快感」「食欲不振」といった症状が現われます。いわゆる「夏限定の慢性疲労」です。なぜ夏バテが起きるか知っておきましょう。

体温の変化が激しい
我々の身体は、通常、体温が36~37℃の時、最も活動がスムーズになる。暑くなり、体温が上昇すれば、汗をかいて体温を下げる。汗は、体内に存在するミネラル分も、同時に体外に放出します。そのため、ミネラル分が大量に失われることが原因となり、体調バランスが崩れ、疲労感が生じる。

栄養の吸収が悪くなる
外気の暑さにより、消化酵素の効力が低下。これにより栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こす。また汗をかき、体の水分が失われるため、冷たい飲み物を多くとることがあります。胃腸が冷え、消化不良を起こす。

冷房が利きすぎる 

暑くなると体は、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応します。この体温調節は自律神経の働きによるものですが、冷房が強すぎたり、冷房が利いた室内と暑い屋外を行き来するうちに自律神経が対応しきれなくなり、変調をきたしてしまう。

夏を元気に乗り切るためには、栄養バランスの良い食事をしっかり取り、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。また冷房に当たり過ぎないように注意しましょう。

夏バテのツボ療法をご紹介します。

夏バテによるだるさには『湧泉』

湧泉(ゆうせん)は押すと元気が湧いてくるいというツボです。夏バテによる疲れで、全身がだるく元気が出ないときに効くツボです。場所は足の裏の土踏まずからやや指を曲げた時にできる窪みの中にあります。

夏バテによる冷え症には『三陰交』

三陰交(さんいんこう)は特に冷房による冷えに効く重要なツボです。むくみや生理不順など女性が抱える万病に効くツボです。場所は内くるぶしの頂点から親指を除く指4本上の高さで、骨の後方の押すと痛いところです。

夏バテによる食欲不振や体力低下には『足三里』

足三里(あしさんり)というツボは夏バテで疲れきった体には効果抜群です。足三里は三千里(12km)歩いても疲れないという意味のツボで体の免疫力や体の中の活動エネルギーを出させるツボです。消化と排泄をコントロールして、体をスッキリ元気にしてくれます。まさに夏バテ対策にはピッタリのツボと言えます。場所は膝の下三寸(幅は指4本分)の向こう脛のすぐ外側にあります。

夏バテによる下痢や腹痛には『関元』

関元(かんげん)は元気の源という意味あいで、名づけられました。このツボは定期的にお灸をすえることで体力増進、疲労回復につながります。特に夏バテによる下痢にとき、このツボを使うと効果あります。場所は身体の中心線上にあり、おへそから指4本分ほど下の位置にあります。

是非、参考にしていただきまして、暑い夏を乗り切りましょう!

スタッフ 矢野

『アート吉祥寺展 2014』~2

ouhari post on 7月 28th, 2014
Posted in 日常

昨日、いつも治療院に飾って頂いている絵の作者、

石橋先生主宰のアトリエ『アート吉祥寺展 2014』があり、見に行ってきました。

今年もたくさんの生徒たちの作品が展示されています。

作品の人気投票もありますが、素晴らしい作品がありすぎて、

なかがね決められません。贅沢な時を満喫できました。

翁孟進

写真 (3)

写真 (2)

 

『アート吉祥寺展2014』~1

ouhari post on 7月 25th, 2014
Posted in 鍼灸院

昨日、少し前にこちらのブログでもお知らせ致しました、『アート吉祥寺展2014』を見に行って参りました。

いつも治療院に素敵な絵を飾って頂いている石橋様が講師を勤められる、アトリエの生徒様の作品展です。

馴染みのある油彩画・パステル画ほか、ボールペンを使って描かれた作品があったり、写真と見間違えるほど精細に描かれた風景画や人物画があったり…
生徒様それぞれの個性を存分に感じられる、見応えたっぷりの作品展でした。

連日の猛暑で少しバテ気味でしたが、美術館の中は快適そのもので、楽しく集中して鑑賞できました。
まさに『芸術の初夏!』でした。

明日29(火)まで開催中ですので、お近くにお出掛けの際は、お立ち寄りになられたらいかがでしょうか。

ipp
スタッフ 實吉

アートアクアリウム

neishiyuko post on 7月 24th, 2014
Posted in 鍼灸院

ne1

先日、コレド室町で開催されているアートアクアリウムに行ってきました。
去年の夏、電車内の広告で知ってから気になっていたのですが、なかなかチャンスがなく、やっと念願が叶いました。
公開2日目の休日とあって、入場券を買うにも長蛇の列!
それでも30分程で入ることができました。
灯籠風の水槽が様々な色にライトアップされている中を、悠々と泳ぐ金魚たちに迎えられて進んで行くと、円柱状の大きな水槽がいくつも現れ、なんとも涼しげな雰囲気に。 その水槽にはデメキンなど、かわいらしい金魚がたくさんいて、思わず見入ってしまいました。

中でも、目ではなくほっぺたの部分だけプクっと膨れた金魚を見たときは、その愛らしさに思わず吹き出してしまいました。

en2

クライマックスは圧巻の巨大な金魚鉢です。
おなじみの形の鉢ですが、大きくなるとこんなに迫力があるのかと、びっくりしました。
水槽のデザインや、ライトアップも素敵でしたが、金魚そのものの美しさにも改めて気づかされました。

en3

様々な趣向を凝らしたこの展示は、9月下旬まで開催されているそうです。

スタッフ 根石

待合室の一枚~『朝顔』

neishiyuko post on 7月 22nd, 2014
Posted in 鍼灸院

患者様の石橋様より、待合室に新しい絵を飾って頂きました。

濃い紫色が美しい『朝顔』です。

まだ暑くなる前の、爽やかな朝の空気まで伝わってくるかのような素晴らしい作品です。

石橋様、今月も素敵な一枚をありがとうございます。

7月朝顔

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石橋様からのコメント

『朝顔』 パステル画 F0号
紫陽花はすっかり色あせて、いよいよ梅雨明けも間近なようです。
夏の花といえば、やっぱり朝顔。
今年も、翁先生が丹精込めて育てた朝顔が、毎朝色とりどりの花を咲かせ始めたそうです。
お写真で拝見した時、濃い江戸紫色の朝顔がひときわ魅力的に感じました。
そこで、以前描いた朝顔の色を、ちょっと濃く描き直して、イメージを近づけてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ご出産おめでとうございます

ouhari post on 7月 21st, 2014
Posted in 鍼灸院

スタッフの田原さんの赤ちゃんが無事に生まれました

元気な男の子です。おめでとうございます。

成長を楽しみながら子育て頑張って下さい。

翁孟進

写真 (1)

プランターで作る野菜 『青紫蘇』

neishiyuko post on 7月 18th, 2014
Posted in 鍼灸院

Screenshot_2014-07-16-08-04-37-1

自宅で青紫蘇を育てています。

プランターに市販の園芸用土を入れて種を撒いただけで、お世話といえば日照りの日に水をあげるくらいですが、

溢れるほど茂ってきました。

簡単で、しかも無農薬でできるのがうれしいところです。

青紫蘇は、ビタミンCやA、カロテンなど栄養も豊富で、これからの時期に心配な食中毒の予防もしてくれるそうです。

冷や奴などの薬味はもちろん、サラダに入れたりしてもおいしいですよね。

私は刻んで玉子焼に入れているのですが、さわやかな風味がプラスされて、気に入っています。

これからの季節、ますます活躍してくれそうです。

写真には、よく見ると生まれたての小さなカマキリが写っています。

どうやらここをお家に決めたようで、時折姿を見せてくれます。

スタッフ 根石

リンパ浮腫療法士

itorika post on 7月 16th, 2014
Posted in 日常

 

脈管学会と血管外科学会、静脈学会、リンパ学会がリンパ浮腫療法士認定機構を立ち上げて、リンパ浮腫に対する治療家を育成しています。
リンパ浮腫は、リンパ節の数が少なかったり、内臓が悪かったり、癌の手術後だったりといろいろな原因で、おこるものです。むくみは、たんぱく質などが吸収された後の水分がたまり、浮腫はたんぱく質を含んだ水分が溜まると言われています。浮腫になると、それがきっかけで様々な感染症を引き起こしやすくなります。世界的には、マラリアでリンパ浮腫を起こす方が多いと言われていますが、日本では、乳がんや子宮がん、前立腺がんなどでリンパ浮腫になられる方が多いです。最近では、癌の手術も進んできて、昔のように象皮症になる方は、少なくなってきたと言われていますが、それでも、軽い浮腫が出てしまうことがあります。
リンパ浮腫の原因、病態生理からリンパ管のメカニズム、治療までを学科と実技とクリニック研修、症例報告などをクリアした後に、試験を受ける資格が与えられます。
夏休み明けまで、学科と実技の段階で、まだまだ、先は長いですが、がんばってライセンスを取りたいです。

講習会の時にこんなきれいな虹が出ていました!

スタッフ 伊藤

IMG_20140711_183230 (1)

 

映画『マレフィセント』

neishiyuko post on 7月 11th, 2014
Posted in 日常

Screenshot_2014-07-07-15-47-37-1

 

スタッフの根石です。

またまた映画を見に行ってまいりました! 

今回は、今月5日に公開されたアンジェリーナ・ジョリー主演マレフィセントです。

CMなどでご存知方も多いのではないでしょうか。

誰もが知っている童話の『眠れる森の美女』をベースに、これまでとは違うストーリー展開になっているということで、

ワクワクしながら映画館に向かいました。

お話の内容も、もちろん面白かったのですが、何といってもアンジェリーナ・ジョリーが本当に悪い妖精マレフィセント役にぴったり!

彼女のダークな美しさをこれでもかと言うほど堪能できます。

CGをふんだんに使った映像もとても綺麗で、本当にこんな世界があったら行ってみたいなぁ、と思ってしまいました。

日常を忘れ、ファンタジーの世界に浸った一時でした。

気になっていらっしゃる方は、映画館に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

スタッフ 根石

 

 

 

スイカはすごい!

tabara post on 7月 8th, 2014
Posted in 日常

image (52)

こんにちは。産休中の田原です。

 先日、地元の友人が『私は妊娠中に、浮腫まないためにスイカをよく食べてたんだよ』と、スイカを持って来てくれました! 『へぇ~、そうなんだ~』と、ふと思い返すと、確かに!!!

実は地元に帰って来てからというもの、常食のように大好きなスイカを食べているのですが、手足だけでなく、顔にまで出ていたムクミが軽減していたことに気付きました!

 家族のものも、この時期はムクミが気になるけど、そういえば気にならないかもと…調べてみると…

 ☆ムクミの原因である余分なナトリウムを排泄するカリウムが多く含んでいること。

☆体内の毒素を排出してくれる働きや、身体を冷やす作用があるため、夏バテ防止になること。

☆利尿作用があるため、膀胱炎や腎炎など泌尿器科の病気や、ムクミをとるため、高血圧の防止にも良いこと。

などなど。 もちろん食べ過ぎは良くないですが、食後のデザートなどとして適度な量を摂るのは、とても良いようです。

 ちなみに漢方では、種や皮まで薬として使われるようです。 スイカを食べることが体調管理に一役買うとは、なんて素敵!


 今日もますます美味しく、スイカをいただきます\(^o^)/

 スタッフ 田原