Monthly Archives:5月 2014

今月のワイン会

itorika post on 5月 30th, 2014
Posted in 日常

だんだん、外気温が高くなり、フルボディのワインが合わない時期になってきました。

ということで、今月のワイン会のテーマは、カリフォルニアワイン特集になりました。

今回の会場は新橋のPiatto  del  Beone  でした。

サーモンを包んだクリームソースのムース、グレープフルーツ添えや、ブランダードを浮かべたかぼちゃのポタージュなど

初夏の香りいっぱいのメニューでした。

ito10

そして、今回の目玉ワインは、スクリーミングイーグルのセカンド フライトという、セカンドワインでしたが、群を抜いて美味しかったです。

でも、お値段も、群を抜いていました。

ito11

皆さんも、宝くじが当たったら、是非飲んでいただきたい逸品です。

飲ませてくれてありがとう・・・とワイン会の仲間にいつも感謝しています。

スタッフ 伊藤

 

 

イベント続き

itorika post on 5月 28th, 2014
Posted in 日常

有明の国際展示場で美の祭典、「ビューティーワールド」が開催されました。

エステティックの学校に非常勤講師として行っている日が課外授業になったので、引率して私も参加してきました。

ビューティーワールドは、5年ぶりくらいの参加でしたが、時代は、エクステとネイル、酵素ドリンクが元気いっぱいに会場に溢れていました。

治療院に入ってしまうといつも白衣なのでおしゃれに疎くなりますが、華々しい雰囲気で治療院に入っていても、おしゃれに気を遣わないとねと反省しました。

たまには、違う世界を覗くのも、楽しいものです。

ito8

 

スタッフ 伊藤

 

芝桜ドライブ

tabara post on 5月 25th, 2014
Posted in 日常

先日、山梨の方へ、芝桜を観に行きました。調布ICに近い自宅を朝6時に出発し、なんと7時40分着。

早起きの甲斐あって、渋滞に巻き込まれずにすみました!

白い富士山とピンク色の大地のコントラストが、本当に美しく、5分咲きということでしたが、とっても綺麗で感動しました。

image (51)

 

image (50)

image (49)

ダブル富士。富士山の斜度とほとんど一緒で、すごいですね!

 

少し先にある白糸の滝も行ってきました。滝の音で、癒されましたぁ。

image (48)

 

何より楽しみにしていたお昼は大好きな「かぼちゃのほうとう」を!

たくさん野菜もとれて、ヘルシーで美味しぃ~!

image (47)

 

心もお腹も満たされて、帰りも渋滞にみまわれず、夕方には帰宅できました。

また機会があれば、今度は満開のころに行ってみたいです(^0^)

スタッフ 田原

 

海とフラダンス

itorika post on 5月 23rd, 2014
Posted in 日常

ウィークエンドから公私にわたってイベントが続きました。

ウィークエンドは、鎌倉由比ヶ浜海岸で行われたフェスタに行ってきました。

鎌倉市民の皆さんが趣味などで、楽しまれているバンドや、フラダンス、鎌倉よさこいなど、足元がおぼつかない小児から大人まで、鎌倉ライフを楽しんでいるんだろうなとうらやましくなるようなさまざまなライブを見てきました。

屋台や、鎌倉ビールフェスタ限定の地ビールの販売なども出ていました。

湘南の海をバックにステージで踊る友達の子供たちから元気をたくさんもらってきました!

私も、フラダンスを習ってみたくなりました。

ito9
 

スタッフ 伊藤

 

待合室の一枚 「パンジー」

tabara post on 5月 19th, 2014
Posted in 鍼灸院

患者様の石橋様より、院内の待合室に新しい作品を飾っていただきました。

彩り鮮やかなパンジーをみていると、とてもエネルギーを感じます。

石橋様、この度も素敵な一枚をありがとうございます。

スタッフ 田原

unnamed (2)

「パンジー」  日本画  F4号

パンジーは楽しい花。
殺風景な冬に明るい彩りを与えてくれます。
パンジーの花って、笑った顔に見えませんか?
風にゆらゆら揺れる色とりどりの笑顔。
パンジーを見ると、わたしも笑顔になります。
(石橋様からのコメントでした)

朝顔の芽がでた

ouhari post on 5月 16th, 2014
Posted in 日常

5日前に蒔いた朝顔の芽がでてきました。
嬉しさと小さな感動はいつもと同じなんだなあ、、、
ここ何年か、自分で朝顔を育てて鑑賞することで、
人に教えてもらったり、本に書かれていた内容を参考にしたりして、
いろんなことを学ばせてもらいながら楽しんでいます。
翁孟進

写真 (6)

眠気覚まし!ツボ

ouhari post on 5月 14th, 2014
Posted in 鍼灸院

仕事中や勉強をしている最中、ついつい眠くなってしまうことはありませんか?
寝てはいけないと思っても、自分で眠気をコントロールすることは難しいもので、
ここで眠気を覚ますツボを紹介いたします。ぜひ使ってみてください。

翁孟進

合谷

ツボ名:合谷(ごうこく)
場所:手の背面の親指と人差し指の間のツボで親指と人差し指の骨の合わさるところのくぼみ。
手技:なるべく大きく親指と人さし指を開いてもう一方の手の親指と人さし指ではさむようにして力を強く入れて、瞬間に我慢できないほど痛い感じたらOK。

中衝

ツボ名:中衝(ちゅうしょう)
場所:手の中指の、爪の生え際の親指寄り。
手技:なるべく大きく親指と人さし指を開いて、もう一方の手の親指と人さし指で、はさむようにして力を強く入れて、瞬間に我慢できないほど痛い感じたらOK。

耳ツボ~心


ツボ名:心(しん)
場所:耳の中心にある
手技:指ではあまり刺激が感じないので、ペンか、つま楊枝で押すのがおススメ。

 

 

東京都立薬草植物園

itorika post on 5月 12th, 2014
Posted in 日常

五月のある休日に、立川にある東京都の薬草植物園に行ってきました。 漢方の生薬の材料、

民間薬の材料、西洋医学のモルヒネの材料となるケシなど、様々な薬草が、植えられていて、

薬となった錠剤や顆粒しか、見たことのない私にとっては、良い経験をしてきました。

itp

 

ito2

 

山野草は、ロックガーデンに植えられていたり、ハーブは、まとめられて一か所に植えられていました。

ハーブは、触ると、香りが出てきますので、みんな葉っぱを触って香りを楽しんでいました。

珍しいものでは、ヒマラヤの青いケシの花が開花していたり、

ポリフェノールがたっぷりと言われるカカオ豆の果実がたくさん実っていたりと世界一周した気分にもなりますし、

林の小路も散策できますので、森林浴にも、お勧めです。

it03

 

ito4

みなさん、カカオ豆の果実は、幹からニョキニョキ出てくるってご存知でしたか?

生まれて初めて見ましたが、これには、びっくりしました。

スタッフ 伊藤

房総での休日

tabara post on 5月 9th, 2014
Posted in 日常

GWは、ごゆっくりお過ごしになれましたか?

私は、いつもお馴染みの実家(館山市)に帰省しておりました 。

まったりした休日でしたが、なにかの参考にしていただければ幸いです(笑)

まずは、袖ケ浦の 「ドイツ村」 に行きました。ちょっと出遅れてしまって、まさかの渋滞に巻き込まれましたが、のんびりと五月晴れを満喫してきました。ここでは、少子化なんて嘘のようでした。

Attachment-1

 

image (42)

また、南房総市(旧 丸山町)には、「嶺岡牧場」 という日本の酪農発祥の地があります。なんと、日本で初めての乳牛の牧場は房総だったのです!牧場入口には、嶺岡牧場のシンボルの「白牛」がいます。わかりにくいですが、ホルスタイン(白黒の牛)より とっても大きいんですよ!

image (45)

翌日には近所の館山いちご狩りセンターにて、いちごソフトを堪能しました。もちろん館山産のいちごを使用してます。クリーミーで美味しいかったです!

image-44
そして、ついにこの日が・・・

5月6日は今シーズンのイチゴ狩りの最終日でした。(涙)

ご近所のイチゴ農家さんに、今回もたくさんのイチゴをいただきました!そのままはもちろん美味しいですが、我が家は贅沢にジャムとしても戴いています☆

image-43

いちご農家の皆様、今年もお疲れ様でした。いつも美味しいイチゴをありがとうございます。また、来季を楽しみにしております\(^^)/

房総もいいところ、美味しいもの、たくさんあります!

過ごしやすいこの時期に、房総の日帰りの旅はいかがでしょうか?

ちなみに、これから2か月は枇杷の季節が始まります!

スタッフ 田原

やっと勝ちました!

ouhari post on 5月 7th, 2014
Posted in 鍼灸院

5月5日(月曜日)千葉浦安で行ったテニス草トナメント

「フェローズビギナー男子シングルス大会」で勝ち残りました。

決してレベルの高い大会ではありませんが、初めての優勝ということで嬉しかったです。

充実した連休を過ごすことができました。

tenisu

 

 

おまけに治療院でこんな素敵なものまで頂きました。

tenisu1

 

翁孟進