Monthly Archives:6月 2013

ツボの話(攅竹・さんちく)

ouhari post on 6月 28th, 2013
Posted in 鍼灸院

前回紹介した承泣と同様、最近はパソコンや携帯電話等を長時間して、目と酷使される方が多いので、指の腹でツボをあてゆっくりと押しながら小さな円を描くようにマッサージすると目の疲れも楽になります。

効能は眼の諸疾患、三叉神経痛、顔面神経麻痺、眼筋痙攣、鼻炎、頭痛等で、眼精疲労の効果もあります。

kao

 

足太陽膀胱経という経絡の2番目のツボです。

「攅」は集合する。「竹」は眉毛の形に似ていることから、眉毛が竹のように密集しているため、名づけられました。

場所は眉毛の内端陥凹部にあります。

ちなみに眉毛の外端にあるツボは、『糸竹空(しちくくう)』といい、こちらも名前に「竹」が付きます。

眼精疲労とツボ

スタッフ 矢野

豪徳寺にいってきました

ouhari post on 6月 26th, 2013
Posted in 日常

先日、治療院の隣駅にある豪徳寺に初めて参詣して参りました。

私は、世田谷区で生まれ育ちましたが、なかなか区内の名所を巡る機会がなく、ご近所に引越してきたご挨拶にと、ふと思い立ち、お邪魔してきました。

豪徳寺は、参道から立派な松林が出迎え、ただならぬ雰囲気でした。 整備された境内は、一周するだけでも見応え十分です。

立派な仏殿の脇には、招き猫発祥の地とされる『招猫殿』があり、たくさんの招き猫が奉納されていました。

g2

また、大河ドラマで度々登場する、彦根藩・井伊直弼家のお墓をはじめ、古くからの墓地があり、幕末にタイムスリップした気分になりました。

そんな世田谷の名所豪徳寺で採れた、ありがたい青梅が販売されてましたので、早速帰って梅酒を作ってみました。

g

秋以降、飲み頃をむかえますので、機会があればまたこちらでご報告させて頂きます。

スタッフ 實吉(さねよし)

銀メダルおめでとうございます!

ouhari post on 6月 26th, 2013
Posted in 鍼灸院

今日は一人患者さんが治療にいらした時に、
鞄からメダルを出して「先生のおかげでメダルをとれましたよ」と、
嬉しそうな顔で話されました。
水泳大会の銀メダルですか。
おめでとうございます!

madaru1-400x300

この方は、今年が入ってからメニエールを発症して、めまいと頭痛などつらい症状で水泳の練習がほとんどできない状態でした。一か月前にご主人のおススメで鍼灸治療にきました。大好きな水泳ができなくてすごく落ち込んでいて、問診のときに「翁先生、早く試合に出たいです。なんとかして下さい!」と頼まれて、少し時間がかかるかなと思いましたが、4回の鍼灸治療でだいぶ症状も改善し、少しずつ水泳を再開されて、昨日の日曜日の水泳大会で、メダルまでご獲得されました。本人の努力が大きいでしょうが、鍼灸でも役に立っていると思うととても嬉しいです。
翁孟進

私の講演会のアンケート

ouhari post on 6月 21st, 2013
Posted in 鍼灸院
H25年度卒後研修「メンタル・ケア」アンケート結果(H25年6月6日)回答36名
内容 割合(%) 人数
1 所有資格 鍼灸師 44% 16
あまし師 33% 12
柔整師 8% 3
その他 33% 12
2 卒業年度 H25~21年度 19% 7
それ以前 28% 10
無回答 53% 19
3 性別 男性 42% 15
女性 53% 19
4 就業状況 開業 25% 9
勤務 22% 8
出張専門 3% 1
臨床に関わっていない 6% 2
その他 11% 4
5 臨床に役に立つか 非常に役に立つ 53% 19
役に立つ 44% 16
あまり役に立たない 3% 1
全く役に立たない 0% 0
6 研修回数について 1回で充分 36% 13
増やして欲しい 56% 20
無回答 8% 3
7 その他 症例としてあまりないものや、問診のやり方も学びたい
事例も具体的で大変勉強になった
実技が興味深かった
具体的な症例について、証を立てる、診断するという部分が非常に良かった。他の講座でも症例についての解説があると勉強になると感じた
来年は水曜日と木曜日の講座を入れ替えてほしい
メンタルの症例や考察についてもう少し知りたい
精神症状と鍼の関わりについて知ることができ、大変勉強になった。症状についてと、使う経穴については自分で復習してより詳しく調べていきたい。
メンタル・ケアの講座に満足している。
卒後、東洋医学的な考え方を忘れてしまっており、久しぶりに証の立て方等を聞いて、不眠以外のメンタル・ケアも学び直したいと思った。
翁先生の講座をメンタル・ケア以外でも学びたい
とても参考になった。不眠の時は自分でも今日教わった治療を実践してみたいと思った。また先生の講演が聞きたい。
メンタルケアについては、本当に東洋医学を知っていないと何をしていいのかも分かりづらいと思うので、今回こういった講習で、証の立て方から治療法についても学ぶ事が出来て、とても勉強になりました。メンタルケアについてすごく興味が深まったので、ぜひまた翁先生の講習を聞きたいです。

青竹ながし素麺

ouhari post on 6月 18th, 2013
Posted in 鍼灸院

紫陽花のきれいな季節ですね。
先日、地元調布で町内会の催しである『紫陽花&青竹ながし素麺大会』に家族で参加してきました。
紫陽花の小路の散策の後、メインイベントの『青竹ながし素麺』!!

t2
2本の大きな青竹には、さらさらと水が流れ、その立派な風情溢れる佇まいを見ただけで、
食べる前から 皆 大興奮!!いよいよ お素麺の登場~
上流から流れてくるお素麺に、『来たぞー!』の掛け声で、老若男女皆がキャーキャーはしゃぎ、
楽しく美味しくお腹いっぱい食べました!
帰りには、両手いっぱいのお土産付き。
いや~青竹の流し素麺は、格別でしたね~!!!
楽しい体験をありがとうございました
また来年も参加したいです~o(^-^o)
スタッフ 田中

今月の一枚 『 薔薇一輪 』

ouhari post on 6月 10th, 2013
Posted in 鍼灸院

患者様の石橋様より、治療院の待合室に新しい作品を飾っていただきました。
静寂の中から浮かび上がってくる薔薇に、つい、うっとりしてしまいます。
ハラハラと舞っている金色がまたまた素敵です。
薔薇は、やっぱりいいですね。

石橋様、この度も素敵な作品をありがとうございます。

スタッフ田原

a-IMG_19971-597x800
「薔薇一輪」 F0号 日本画
この薔薇は、スーパーモデルでした。
描き始めてから2週間近く、ずっとポーズ(形)を変えることなく立ち続けてくれました。
そして、描き上がったと思ったその時から、少しづつ、でも目に見えるほど早く、頭を垂れていきました。それはまるで、花が、わたしの心をわかってくれていたようでした。
花を描いていると、時々こういう不思議に出会う事があります。そして、花の命を感じます。

講演会~鍼灸学校にて

ouhari post on 6月 7th, 2013
Posted in 鍼灸院

昨日、四ツ谷の東京医療専門学校での講演会にお招きいただきました。
当校を卒業生した鍼灸師達のための臨床講座で、「メンタル・ケア」というテーマで、口演いたしました。
60人が収容できる教室は満席で、皆さん、最初から最後まで真剣で真面目に聞いて頂いてほっとしました。
本業の鍼治療の臨床の話ということで、楽しくお話をさせていただきました。
鍼灸師は医師のように研修制度がなく、
多くの卒業生は国家資格を取ってもなかなか臨床の話を聴く機会がないですから、
このような講演会は、彼らにとって勉強できる良い機会の一つです。
人の身体に鍼を刺す仕事はしっかりした技術を身につけないといけません。
臨床経験が少ない鍼灸師達に少しでもお役に立てば嬉しいです。
3時間の講演会は立ちっぱなしでちょっと疲れましたが、充実した一日でした。

DSCN0329_R-400x300

DSCN0338_R-400x300

湿邪を追い出そう!~梅雨の養生~

ouhari post on 6月 3rd, 2013
Posted in 鍼灸院

今年は早くも梅雨入りが発表されてしまいました。
健康を害しやすい季節の始まりです。。。

東洋医学では、湿気が多いと体内の余分な水分(=湿)も溜まりやすいと考えています。
「湿」は体に溜まると「邪」となります。「湿邪」は、五臓では「脾」を犯しやすく、脾の主な働きである、水分代謝や消化吸収がうまくできずに、食欲不振、下痢、胃の不調、倦怠感、浮腫などの症状が、湿気の多い梅雨時期は発症しやすくなります。
また、湿邪は下半身に溜まりやすく、特に足がむくみやすくなります。そして、ねっとりとした性質があり、湿邪がへばりついた局部は、冷やされ、気血の流れが悪くなり、関節痛や神経痛へと悪化してしまいます。

様々な病を脅かす湿邪。
追い出すには、水分代謝を良くすることが大切です。

1.適度な運動をする。
・汗をかき、新陳代謝をあげることで、体内の水分の排泄を促します。

2.体を冷やさない。
・クーラーの強いところは避ける、または、ストールを持参するなどの対策を。
・冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎ、ビールなどの飲みすぎも体に水分を溜めてしまいます。

3.利尿作用の高い食材と取る。
・ハトムギ、インゲン豆、セロリ、トウモロコシ、たまねぎなどは、利水効果の高い代表的な食材です。
・切り干し大根、干し椎茸、麩、乾燥わかめなどの乾物も湿毒の除去効果が期待できますが、この時期、乾物はカビにお気を付け下さい。
・辛いものは発汗作用があり食欲促進にもなります。ただし、食べ過ぎにはご注意ください。

4.ツボの刺激(各ツボ、5秒を10回くらい押してみてください)
☆ 脾や胃の働きを良くするには。
・中脘(ちゅうかん):おへそとみぞおちの中央にあります。
horyu

tyukan-200x199

・足三里(あしさんり):膝のお皿の外側にあるくぼみから指四本分下にあります。

・豊隆(ほうりゅう):足三里より指5本分下の場所から1.5cmほど外のくぼみです。

体力勝負の夏に向けて体調を整えましょう!

スタッフ 田原