Monthly Archives:11月 2013

ボジョレーヌーボー解禁!

ouhari post on 11月 29th, 2013
Posted in 日常

先週の第3木曜日は、ボジョレーヌーボーの解禁日でした。 今年も、前評判をあまり聞かなかったので、あまり、ブドウの出来が良くなかったのかな?と疑っていましたが、 土曜日にいつものワイン会のメンバーで、ヌーボーばかり集めて私たちの解禁!をしてみましたが、例年通り、ガメイ種のフルーティな香りと味わいに満足しました。

IMG_20131214_214921-400x300

普段、赤ワインにお魚料理は合わせることはあまりないのですが、今回(写真では上から順に)は、旬魚愛媛産ブリの軽いグリエ、ホタテの自家製スモークや、青森産マダラと白子のムニエルドライトマトソース、そして赤城地鶏のコック・オ―・バンなどとマリア―ジュさせてみました。   ル・シャボテのオーナーシェフ、ごちそうさまでした。 隣でも同じようにワイン会をやっている方達がいらして、そこで開けていたクリュッグや、シャトームートンロートシルト1970にも、目を奪われました。来月は、ボーナス時期のワインの会なので、楽しみです!

IMG_20131214_2025551

スタッフ 伊藤 日常

顔面神経麻痺について

ouhari post on 11月 28th, 2013
Posted in 鍼灸院

顔面神経麻痺とはどんな病気か

顔面神経について

ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。顔が曲がっていたり、まぶたが閉じられないので眼が乾燥して痛かったり、口が閉じられないため食べたものがこぼれてうまく食事ができなかったりします。その他には味がおかしい、ツバがでにくい、などの訴えも出てきます大勢の顔面神経麻痺の方は発症の1~2日前、耳の回りに痛みがあることが多くみられます。顔面神経麻痺の症状が軽い例でも、顔を動かすと左右不対称(いびつ)が目立つので、社会的に消極的になりがちで、精神的にもダメージの大きい病気です。

顔面神経ってどんな神経

顔面神経麻痺

顔面神経の支配範囲
顔面神経は左右の脳幹から内耳道、中耳腔を通って顔面に出る脳神経の一つである。顔面筋肉の運動や舌の味覚の一部、さらには涙腺、舌下腺などに分布する副交感神経などをつかさどる神経で、顔面神経麻痺とはこの神経が様々な原因で障害され、顔面機能が消失する病気です。末梢に走行する主な顔面神経線維は右の図のようです。顔面神経麻痺は臨床的には中枢牲麻痺と末梢性顔面神経麻痺に分けられます。中枢性顔面麻痺は顔面神経核上病変(上位神経)による麻痺です。原因は脳溢血、脳腫瘍、その他脳内の病変により、発する症状です。

 http://www.ou-hari.com/sinkei.html

 

趣味の話~テニス

ouhari post on 11月 25th, 2013
Posted in 日常

趣味のテニスの話です。
最近休日を利用して草テニストーナメントに出るようになりました。
何回か挑戦してようやく結果が出ました。
11月17日(日曜)に千葉浦安のFellowsSports(フェローズスポーツ)
のビギナー大会で準優勝できたのです。
tennis_game_pic

11月24日(日曜)、東宝ワイズコニュニティ
サンデーナイトセッション の大会も準優勝しました。
unnamed-1

二大会で全部決勝で完敗でしたので、
改めてチャンピオンへの道が遠いということが分かりました。
自己申告でいまのレベルは初中級かな?
試合に参加すればするほど自分のレベルの低さと技術の未熟さがよく見えてきました。
これからも充実した生活と健康のために頑張ります。

翁 孟進

冬の養生

ouhari post on 11月 20th, 2013
Posted in 鍼灸院

鍋が美味しい季節になりましたね。今年は紅葉シーズン前からこの寒さ・・・
この急激な寒さに体がついていけずに体調を壊されてしまう方が多いようです。
今回は、冬の養生といたしまして、この冬を切り抜ける体づくりのお役に立てたらと思います。
冬と関連する五臓は「腎」です。東洋医学での腎は、人体のエネルギーの源、生命の根源を支えている臓器と言われてます。
身体が冷えやすい冬は腎の働きが弱まりやすい時期です。

 

主な腎の働きは、水分のコントロール、成長・発育・生殖や老化のコントロール、骨を丈夫にする、脳を活発にする、耳の働きを助けるなどがあります。

腎の働きが弱くなると、泌尿器や婦人科系のトラブルは代表的ですが、そのほか、肌つや・髪のツヤの低下や、骨がもろくなったり、耳の調子が悪くなったり、腰痛や冷え性など様々な症状が出てしまいます。

悲しいことに「腎の不調 = 老化」です。。。
この老化の進行を遅らせるために、腎の働きを強くすることが大切です。

ポイントとしましては・・・
・激しい運動をするよりは、家事程度でこまめに動く習慣を。
・塩分の多いもの、お酒、喫煙は控えめに。
・シャワーではなく、お風呂でよく温まりましょう。
・なるべく睡眠はたっぷりとるように。

腎を強くする食材は・・・
黒いもの(黒豆・黒きくらげ・黒ゴマ・ひじきなど)や粘り気(山芋・おくらなど)のあるものが代表的で、あとはいも類や豆類などが良いです。

腎を強くするツボは・・・
腎兪・・・おへその高さで腰に手をあてると、両方の親指が背中で自然に当たるところです。

jinyu-150x150

関元・・・おへそから指四本下にあります。
kangen

太谿・・・内くるぶしのすぐ後ろで、アキレス腱の手前にあるくぼみです。
taikei-150x150

湧泉・・・足の指を丸めた時にできる、足裏のくぼみです。

yusen3

腎の衰えは抵抗力が落ちたり、病気が治りにくくなったりと、体全体に影響を与えます。
また、逆に腎を丈夫にすることは、体を元気にすることと言えます。
中国の有名な文献「黄帝内経」には「冬は夜は暗くなったらすぐ休み、朝は太陽が昇って暖かくなってから起き出すのがよい」と記されています。
長い冬を越すには無理をせず、エネルギーの消費を極力抑え温存することが大切です。
まずは、早寝はできなくても、お風呂で温まったら、すぐ寝れるようにはしたいですね。

スタッフ 田原

高松観光 ~さぬきフード編~

ouhari post on 11月 15th, 2013
Posted in 日常

先日行った高松旅行の続編です。
今回は、ちょっと面白いお土産などがあったので、ご紹介させていただきます。

こちらは、瓦せんべいです。一枚瓦と同じ大きさです。この大きさにして、瓦というだけあって期待を裏切らない硬さが、さらに良かったです(笑)
高松は和三盆の産地であり、こちらにももちろん使われていて、とても美味しかったです!
ちなみに、こちらの瓦せんべいは高松城の瓦を模しているそうです。

うどんの次に有名なのが、骨付き鶏だそうです!

本来は居酒屋さんで注文するそうですが、今回は食べる時間がないな・・・と、しょぼんぼりしてたのですが、
なんと!お土産屋さんで、こんな風に売ってるなんて!(≧0≦)と、即購入しました(笑)
丸亀市の居酒屋さんがハリウッド映画のローストチキンをみて考案したのが発祥とか・・・今では香川を代表するご当地グルメとなったそうです。
おつまみにも、おかずにもおすすめの一品です!

そして、このパッケージ。鍼灸師としては、見過ごせないものを道の駅で発見しました!

こちらのお饅頭屋さんは、その昔、金毘羅さんの近くで参拝客を中心とした宿屋をやっていて、その宿泊客の疲れを癒すためにお灸もしていたそうです。
時代が変わり、現在はこの灸まんというお灸の形をしたお饅頭を製造しているそうです。品の良い甘さと、ちょうど良い大きさがとても食べやすかったです。

isej-41-300x198

そして!そして!讃岐うどんを戴かずして帰ることはできません!
とても雰囲気のある「山田屋うどん」さんでいただきました。
上の写真はお馴染みの「ぶっかけうどん」で、下の写真は「しっぽくうどん」と言って、うどんのつゆなどで煮た野菜がのっているうどんで、香川の郷土料理だそうです。これからの時期にはぴったりで、とっても温まりましたぁ~。
やっぱり、本場は最高でした~☆

isej-8-450x298

観光も食もいろいろあって、高松はとっても楽しかったです \(^^)/

スタッフ 田原

11月7日は!

ouhari post on 11月 7th, 2013
Posted in 鍼灸院

本日は、我が院長のお誕生日です。
本日は木曜日なので、
昨日、水曜日のスタッフでささやかながらケーキでバースデーイブのお祝いを。

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3-225x300

 

翁院長、お誕生日おめでとうございます!
〇歳になっても若々しい院長でいてください☆

image1-400x300
スタッフ一同

ちなみにこちらのケーキ、患者様のおすすめのお店、農大通りのmirabelle(ミラベル)さんで作っていただきました。
とても美味しかったです!\(^^)/